べっく・メディカル・クリニックでは内視鏡検査・人間ドック・乳がん検診・禁煙外来・介護医療などに関する診療を専門に行っています
 

べっく・メディカル・クリニック
さわだ・メディカル・クリニック
 
内視鏡予約状況
内視鏡検査とは10mm程の太さのやわらかいファイバーで、食道、胃、十二指腸(上部消化管)や大腸(下部消化管)の内腔を観察する検査です。ポリープ、潰瘍、癌などの診断を行うとともに、消化管の運動機能の判断にも役立つ検査です。また良性ポリープや早期癌は内視鏡的に治療を行います。
当べっく・メディカル・クリニックでは、胃がん、大腸がんの早期発見と治療を目的に内視鏡検査を実施しております。昨年は5000例の検査を行いましたが、これは専門医による豊富な経験に基づき、苦痛の少ない正確で安全な内視鏡検査を実施させて頂けたものと思っております。
今後とも、内視鏡検査を受けられる全ての皆様へ苦痛なき検査はもちろん、最新の拡大内視鏡を使用し確実な診断を行い、より一層充実した高度な内視鏡センターを目指し努力してまいります。
尚、当クリニックでは、静岡県がんセンターを始め各種専門病院にネットワークを構築し、随時紹介をさせていただいております。皆様には、更により確実な治療の選択肢を得ることができると存じます。
鼻から
当クリニックの内視鏡検査の特徴

皆様の検査に対する不安・苦痛を最小限にするため、鎮静剤をご希望にあわせて使用しております。また検査前の細やかな問診や検査中のモニタリングを行い、患者様一人一人に適した安全な検査方法を見つけ出せるよう、情報収集に努めております。さらに、感染防止への努力とスタッフ教育、高度な医療の追求、医療設備の拡充に努めております。


診断は画像ファイリングシステムの活用により複数の医師によるチェックを行っています。

予約システムの充実を図り患者様の待ち時間軽減に努めております。予約は電話一本で簡単にとることができます。また、検査担当医のご希望がございましたら予約の際にお申し出下さい。

問診や検査中のモニタリングで得た患者様一人一人のデータは電子カルテにより管理されており、2回目以降、よりスムーズに検査をお受けいただけるよう役立てています。

皆様への負担を最小限に抑えるため、ハイレベルの技術による内視鏡治療を行っております(ポリープ切除・早期がんの治療など)。

患者様の不安を少しでも取り除き、安心して頂けるように検査や病気に関する情報提供、食事・生活の指導やパンフレット配布などを行っております。また電話でのご相談も承っております。

消化器専門医(内視鏡専門医)

別宮 啓之
日本内視鏡学会専門医
中杉 仁 日本消化器内視鏡学会専門医

 

 


当院にいらっしゃる皆様が腸美人(腸ハンサム)になって、より健康な日々を送れるよう、少しでもお役に立てればと思い、便秘解消に役立つ情報をまとめてみました。

そもそも便秘って・・・?
  1. 排便の回数が少ない
  2. 便の量が少ない
  3. 水分がすくない固い便が出る(カチカチ・コロコロ便)
  4. 排便の時苦痛を伴う(排便時おなかが張って苦しい・おしりが痛い)
  5. 残便感がある(排便後すっきりしない)

便秘とは、上記の症状が組み合わさった状態のことをいいます。

  • 毎日排便があっても便が固くて排便しずらかったり、すっきりした感じのない方は便秘です。
  • 排便が2〜3日に1回のペースでも排便が楽で、おなかはいつもすっきりしている方は便秘とはいえません。

スムーズな排便のために必要な条件
  1. 腸の蠕動運動が活発であること(蠕動運動とは;腸が消化した物を送るためにイモ虫のように伸びたり縮んだりする動きの事)
  2. 大腸から脳に「いきみなさい」と指令がでた時、タイミングを逃さないこと。

便秘をなんとかしたい!
  1. 水分を充分にとる(1日2リットルを目標に!)
  2. 食物繊維をたっぷりとる(なるべく自然の食品から摂取する)
  3. 脂肪食品を控えすぎない
  4. 一日三食をきちんととる

便秘に効く食品

 

便秘に効く体操

 

 

その他の原因

今までに挙げた便秘の原因の他に、生まれつき腸が長かったり、お腹の手術の影響で腸が癒着している事も便秘の原因となります。
また、腸にポリープや腫瘍ができていても便秘の原因になる事があります。
大腸内視鏡の検査でこれらの事はわかります。当院では鎮静剤を使って、なるべく苦痛が無いように検査しておりますので、気軽に医師やスタッフにご相談ください。

大腸ガンが増えています!
次の症状がある方は大腸の検査を受けることをおすすめします。

便秘と下痢次が交互におきる
便に赤黒い血が混じる
残便感がある
便が細くなった
血縁に大腸ガンになった人がいる40歳以上の方

大腸ガンは自覚症状がない時に発見することが大切です。
40歳を過ぎるとガン危険年齢になりますので、40歳になったら大腸ガン検診を受けることをおすすめします!



クリニックについて所在地/交通案内内視鏡人間ドック乳がん検診産業医(お探しの方)情報|採用情報ホーム
お問い合わせ・ご相談はこちらまで
(C) Copyright 2009 Beck Medical Clinic All Right Reserved.